ごみの野外焼却(野焼き)は止めましょう

​野焼きは重大な犯罪です!

(写真)簡易焼却炉の使用は禁止されています。

野外焼却の禁止

 ダイオキシンを出さない為、また煙や悪臭で近所に迷惑をかけない為にも、野外でゴミを燃やすことは一部の例外を除いて、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第16条の2の規定により原則禁止されています。

(写真)画像

 違反すると、5年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金または、その両方が科せられます。なお、法人の場合は3億円以下の罰金が科せられます。

 平成13年にダイオキシン等化学物質発生の抑制のため廃棄物処理法が改正され、ダイオキシンが発生しない仕組みの構造基準適合炉以外での焼却が禁止されました。
 これにより簡易焼却炉(ドラム缶、ブロック製の炉など)の使用も法律違反になります。

ごみ焼却炉の構造基準

(写真)ドラム缶焼却炉は禁止です

 使用が認められているごみ焼却炉の構造基準については次のとおりですが、家庭用の焼却炉ほとんどは、この構造基準を満たしていませんので使用しないようにお願いします。

  • ごみを焼却室で摂氏800℃以上の状態で燃やすことのできるもの
  • 外気と遮断された状態でごみを焼却室に投入できること
  • 焼却室の温度を測定できる装置(温度計)があること
  • 高温で焼却できるように助燃装置(バーナー等)があること
  • 焼却に必要な量の空気の通風が行われているものであること

 風呂炊き窯、薪ストーブについては、ごみ焼却炉にあたりませんので、使用することは可能ですが、ごみを燃やすことは禁止です。

ダイオキシンとは

(写真)野外焼却は禁止されています。

 物質が燃焼する際に、有機塩素化合物が発生します。この中にダイオキシンが含まれています。
 毒性は、青酸カリやサリンよりも強力とされています。
 体内に蓄積、濃縮することによって発ガン性、催奇形性(子孫に奇形をつくる)、生殖・免疫機能への悪影響が報告されています。
 ダイオキシンは800℃以上での燃焼では発生しないとされており、300〜500℃の燃焼により発生します。
 この温度がまさに野外焼却の温度なのです。

野焼きは法律で禁止されています!

 廃棄物(ごみ)を屋外で燃やす行為(野焼き)は、平成13年4月から「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で原則として禁止されています。

 野焼きは苦情の原因になるだけでなく、家屋や山林に燃え広がり火災につながるおそれもあるので、ごみは正しく分別して指定された日にごみ収集場所へ出してください。

 

チラシ内容

・野焼きの具体例

・実際に住民から寄せられた声

・罰則

・野外焼却(野焼き)Q&A

 

 

野外焼却禁止チラシ(PDF:890.3KB)

環境と健康を守るために

(写真)できることからコツコツと取り組みましょう。

 燃やさずに…
 選定枝、枯れ草などは環境センターに持込みましょう!(10あたキログラムり70円)
 3袋以内であれば地区のステーションに出すことも可能です。
 容器包装、ペットボトル、空き缶は積極的に資源ごみとしてリサイクルしましょう!

 一人一人が地球温暖化の防止、ダイオキシン類の抑制のため、野外焼却の禁止、ごみの分別・減量化の推進に取り組むことが大切です。

お問い合わせ
民生部 生活環境課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-2033
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。