油流出事故警戒中

もし油流出事故が起こったら…

油流出事故が増えています。

(写真)オイルフェンス

 寒い季節にはストーブやファンヒーター等の暖房機器の使用が増えますが、それに伴い灯油タンク等からの油流出事故が多発しています。
 コックの閉め忘れ等の些細なミスで何十リットルもの油が失われ、流出した河川の水質も汚染されてしまいます。
 灯油などの取り扱い時には、細心の注意を払って事故防止に努めて下さい。

油取り扱い時の注意

(写真)油漏れがないか定期的に点検しましょう。
  • 給油時は絶対にその場所を離れない。
  • 油の配管や継ぎ手からの漏れや破損箇所がないか
     定期的に点検を行う。
  • 油が流出した場合は、古新聞、古布などで排水路をふさぎ、速やかに下記へ連絡する。

    市生活協働課   電話番号67-1760
    市消防署         電話番号67-0119

事故の実例

(写真)川面をおおうギラギラの油

【事例1】
 灯油のホームタンクからポリタンクに灯油を移す際に、元栓を閉め忘れ、その場を離れてしまった。

【事例2】
 除雪の際に、灯油の配管を傷つけてしまった。

 いずれの事故も『うっかりミス』が原因でした。
 油を取り扱う際は、細心の注意を払いましょう。

お問い合わせ
民生部 生活環境課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-2033
お問い合わせはこちらから