8月の子どもたち(松沢保育所)

夏祭り

 保育所の廊下や遊戯室に夏祭りの提灯や看板などが飾り付けられ、子どもたちのわくわくドキドキした気持ちもどんどん高まってきていました。夏祭り当日は、さくら組が考え作ったくじ引き屋さんや、ヨーヨー釣り、わたあめ、ジュース、魚釣り、わにたたきなど、とても楽しそうなコーナーばかり!子どもたちは「どこからいこうかな~」と迷いながらも、「いっぱいお魚つれたよ!」「わたあめおいしいね」「大当たりやったよー!」と楽しそうに夏祭りを満喫していましたよ。特にさくら組さんは、コーナーをみんなで協力して作り、大盛況だったので大満足な様子でした!

クロスランド盆踊り

 8月は雨の多い月でしたが、盆踊りの日は快晴となり、薄ピンク色に染まり始めた夕空の下、色とりどりの浴衣や甚平を着た子どもたちが集まりました。『小矢部風船音頭』、『小矢部よいとこ音頭』、『小矢部市民歌』の3曲を踊りました。普段保育所で踊っているときとは違い、櫓や提灯がある中で踊ることで、子どもたちは昔ながらの盆踊りの風情を感じることができたのではないかと思います。

地区民体育祭(3歳以上児)

 地区民体育祭にフォークダンスとパラバルーンをしました。練習ではなかなかパラバルーンのボールが高く飛ばなかったのですが、当日は「バンッ!」と大きな音を立ててバルーンを膨らますと、今までにないくらいボールが空高くに上がり、大喜びの子どもたちでした。

 また、フォークダンスでは、お家の人と手を繋いでみんなが大好きな『レッツ!ジュウオウダンス!』『南の島のハメハメハ大王』を元気いっぱいに踊りました。

 出番が終わった後にかき氷を食べる子どもたちの表情は達成感からかにこにこ笑顔でしたよ。

誕生会

 8月生まれは11人の可愛い子どもたちが誕生児としてステージに上がりました。緊張しながらもインタビューに答えたり、友だちから絵本や冠をもらって嬉しそうな笑顔を見せていましたよ。

 アトラクションではさくら組が毎日少しずつ準備を進めてきたお化け屋敷をオープン!「いらっしゃいませ~」と年長児が入口でお出迎えし、まずはくじを引いてからスタートです。くじには「せんこう」「ろうそく」「おはな」と文字が書かれており、引いた品物を中にあるお墓にお供えするミッションをクリアすると、ゴールではおばけのブレスレットがもらえます。さくら組は元気いっぱいのおばけになっていました。小さい子はクラスごとに順番に入って楽しみました。怖がって泣く子もいましたが、優しいお化けさんもいてホッとする場面もありました。保育所みんなで楽しめた今月のアトラクションでした。

絵画指導(4、5歳児)

 高畠先生をお招きし、まつ・さくら組の絵画教室を行いました。まつ組は『ひまわり』、さくら組は『金魚』を題材に、画材の扱い方から丁寧に教えてもらいました。

 まつ組は初めての絵画教室に緊張しながらも、少しずつ仕上がってくると「うまく描けた!」「こんな色になった」と嬉しそうに保育者に見せていました。さくら組は昨年の経験もあり、「何を描くのかな?」と楽しみにして当日を迎えました。先生の話を聞きながら、鉛筆やくれよん、絵の具で描き進め、最後に出来た金魚を自分で描いた金魚鉢の中に貼って完成!どの金魚さんも気持ちよさそうに泳いでいましたよ。

 まつ・さくら組共に、素敵な作品に仕上がりました。秋の公民館まつりに展示する予定ですので、お楽しみに!

アートハウスワークショップ(5歳児)

 年長児がクロスランドまでアートハウスのワークショップに行ってきました。『木の根っこから広がる世界』をテーマに、大きな紙にのびのびと絵を描いてきました。まずはたくさんある木の根っこの写真の中からそれぞれ好きなものを選んで紙にのり付けし、そこから筆と墨で自由に根っこを伸ばして描いていきました。「うわぁ~」と嬉しそうな子どもたちの声がたくさん響いていましたよ。その後はパステルクレヨンの使い方を教わり、根っこの間に模様を描いたり色塗りしたりして楽しみました。出来上がった作品はとっても大きな紙なので、迫力満点でしたよ。個性豊かな根っこの世界がたくさん広がりました。

お問い合わせ
松沢保育所
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島173番地
電話番号:0766-67-1107
ファックス:0766-67-1107
お問い合わせはこちらから