市長室へようこそ

(写真)小矢部市長

 私たちのまち小矢部市は、富山県の西の玄関口に位置し、石川県金沢市、津幡町と接しています。
 砺波平野を貫流する小矢部川に育まれた穀倉地帯であり、古くから小矢部川を利用した水運の発達により、加賀藩の藩倉が置かれたことから、宿場町・城下町として栄えてきました。
 遠く加賀・能登を一望できる稲葉山牧野、清流と温泉の宮島峡、源平古戦場と日本三大不動寺の一つ倶利迦羅不動寺のある倶利伽羅県定公園などの豊かな自然や、歴史的な発見が続いた桜町縄文遺跡、絢爛豪華な石動曳山祭り、色彩豊かな津沢夜高あんどん祭り、獅子舞が奉納される石動天神祭など歴史や伝統にあふれています。
 また、118メートルのタワーのあるクロスランドおやべでのグルメをテーマとしたイベントやヘリコプター&防災フェスティバルなど新しい取り組みや、花菖蒲祭り、源平火牛まつりなど市民参画の祭も多くあります。

 平成27年3月14日に北陸新幹線が金沢まで開業したことから、さらに本市の知名度を高めるため、源平倶利伽羅合戦で活躍した「木曽義仲と巴御前」のNHK大河ドラマ化を目指して、全市挙げて取り組んでいきます。
 また、北陸・東海北陸・能越の三つの高速自動車道が交差する交通の要衝であることから、平成27年7月16日に、北陸エリア初、そして日本海側初となるアウトレットモール、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」がオープンし、北陸地方の商圏の中心地として注目を集めています。
 今後は、若者や女性を中心として定住希望者が増えるよう、「若者」や「女性」の視点からアウトレットモールを核としたまちづくりを進め、賑わいを創出したいと思います。
 そのため、新たなビジネスチャンスに向けた若者支援や、女性をターゲットにした情報発信、さらに花で彩られたまちづくりなどを展開し、「住んでみたいと思える魅力のあるまち」、「住み続けたいと思える安心感のあるまち」、「住んで良かったと思える充実感のあるまち」を実現し、これまで以上に小矢部市が輝き続けるように私自身が先頭に立ち、市民とともにしっかりと市政運営に取り組んでいきたいと思います。
 皆さんには、このホームページで小矢部市を知り関心を持っていただき、ぜひ訪れていただきたいと思います。

関連リンク

桜井森夫の見て来て体験ブログ

市長と副市長の行事予定

市長記者会見

市長への手紙

市長交際費

お問い合わせ
企画政策部 企画政策課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-68-2171
お問い合わせはこちらから