社会人になってもホッケーが続けられる環境がここにある。
熱い想いのある人の受け皿的な存在になりたい。

岡村光晶さん

Profile

岡村 光晶 さん(おかむら みつあき)兵庫県出身

移住歴
11年
職業
市役所職員(RED OX 広報)

兵庫県で生まれ、小さい頃から陸上に打ち込み、大学は体育学部のある大学を選び愛知県へ。そこでホッケーという競技と出会う。
ホッケー愛が強く、ホッケーの街小矢部に移住を決める。
現在は市職員として働きながら、ホッケークラブチーム【小矢部RED OX】の広報担当として活躍している。

兵庫県で生まれ、小さい頃から陸上に打ち込み、夢は体育の先生になることだったという岡村さん。大学進学のときも、体育学部のある大学を選び愛知県へ。そこでホッケーという競技と出会ったそう。

「もっと競技力を磨きたいと思う気持ちもありましたが、体育教員になるため大学卒業後は地元の兵庫県に戻りました」。

県立武道館の体育施設でスタッフとして働き、教員の勉強をしながら県内のホッケーができる場所に通う日々を続けるうちに、県内だけではなく隣りの鳥取県や岡山県など、県をまたいでホッケーの練習に参加するようになっていく。

そんな中、練習に参加しに行っていた鳥取県のチームのトッププレーヤーが、小矢部REDOXホッケーチームとつながりがあったことで、運命が大きく変わることに…。

「小矢部REDOXといえば、社会人では最高峰の日本リーグに出ているトップチームです。そういったチームで技術を磨きたい。練習に参加したいとその方に伝えたところ、監督と連絡を取ってくれ、参加できるようにしてくれたんです」。

小矢部REDOXとつながりがもてたことで、練習や試合があると、兵庫県から遠征して参加するといった日々が1年間ほど続いた頃、監督から「小矢部に来る気があるなら雇ってもらえる場所を探してあげようか?」と声をかけられ、ついに小矢部に移住することに。

岡村光晶さん
岡村光晶さん

もちろん、教員の夢を簡単に諦めたわけではない。

「体育施設でお世話になった方には、自分の気持ちを正直に伝えました。そのときはさすがに涙が出ましたね…。親にはとりあえず5年間だけ行かしてくれと。それほどホッケーへの想いが強かったんです」。

小矢部に移り住むことになった背景には、奥さんの影響も大きかったそう。

「実は嫁さんの地元が石川県でして…小矢部REDOXとつながりがもてたと、当時はまだ結婚していなかった彼女に話したとき、隣りの県だと言われすごく驚きましたし、縁のような運命のようなものを感じましたね」。

小矢部に移住してからはトントン拍子で結婚が決まり、3人の子どもにも恵まれ充実した生活を送っている岡村さん。

移住に関して、不安や困ったことはないのだろうか?

「移住が目的ではなく、僕の場合はホッケーという目的のための手段だったので、ホッケーがやれてたら満足。完結しちゃうんですよね」

と笑い、

「小矢部市は、ホッケーなら小矢部といわれるほどホッケーが盛んな街で、社会人になってからも続けられる環境が整っているんです。これって全国的に見ても珍しいんですよ。ホッケーを続けたいという熱い想いのある人の受け皿的な存在になりたいですね」

と岡村さんは話す。競技人生を引退し、現在はチームの広報として活動を始めたからこそ出る言葉だ。

岡村光晶さん

今までの話を聞くとホッケーだけのようだが、岡村さんの地元も川が街を流れており、小矢部市と風景が似ているというところも馴染みやすかったようだ。

「あと、小矢部って市内にフランチャイズの飲食店がほとんどなくて、今でも昔ながらの小さな食堂ががんばってるじゃないですか。しかも美味しいお店ばかりからどこでも紹介できますよ」

と岡村さん。
子どもたちも地元の定食屋が大好きだという。ご近所付き合いも良好で、温かい目で子どもたちを見守ってくれていることも安心のようだ。

「嫁からは、ディズニーランドに連れってってあげようよとかいわれますが、僕としては小矢部や北陸で行ったことのない場所に連れて行ってあげたいですね。極端な話、家の前でも十分なくらいです(笑)」

岡村さんは、家を建てるときの条件として駅の近くと決めていたそうで、田舎の良さも感じつつ交通の便の良さもあるところが丁度良いのだと話す。

「僕の場合はホッケーというレアなケースでの移住ですが、石川県出身の嫁さんも住む場所を決めるときに、小矢部がいいって言うほど、実際暮らしやすいんですよ。高速インターが近いので僕の地元の兵庫にも車で帰りやすいですし、金沢が近いのも魅力だと思います」

ホッケーの想いだけで移住を決めた岡村さんだが、小矢部市に住み始めて今年で11年目に突入する。
今後は、自身の経験も踏まえてホッケーと小矢部をもっと広めて街自体を盛り上げていきたいと話す岡村さんは、期待に胸を膨らませている。

岡村光晶さん