縄文のさといも | 小矢部生まれの逸品をふる里の魅力とともに | 小矢部ブランド

縄文のさといも

縄文のさといも

実のしまりが良く、煮くずれしにくく、ねっとりとした食感。上質で味の良い小矢部産里芋は、畑本来の農作物を育てる力の高さに加え、堆肥などを活用した土づくりと化学肥料・農薬の低減に努め、エコファーマーの認定を受けるといった生産者の努力の賜物。安心・安全で質も良いことから県内はもとより関西圏へも出荷。里芋コロッケや里芋のシフォンケーキといった加工品開発にも力を入れています。「縄文のさといも」という商品名は、縄文時代の建築部材が出土した桜町遺跡をイメージしたもの。贈答用の化粧箱には、クロスランドタワーや復元された縄文時代の高床建物の写真を用い、小矢部市のPRにも一役買っています。

創り手としての想い

全国からお問い合わせいただきご好評をいただいておりますが、作付面積が少なく、大変な手間がかかるために安定してお届けするのが難しい状況です。早く現状を改善したいと日々努力しています。

いなば里芋生産組合

INFORMATION

認定事業者
いなば里芋生産組合
お問い合わせ
富山県小矢部市赤倉97(JAいなば農業創造センター)map
TEL.0766-67-8000FAX.0766-67-8100
http://www.tokusan-oyabe.jp/?tid=100029