木造住宅の耐震診断・耐震改修に関する支援制度について

富山県木造住宅耐震診断支援事業

 この事業は、皆さんが今お住まいの木造住宅について、建築士による耐震診断を実施する費用の一部を補助する事業です。

耐震診断に要する費用

耐震診断に要する経費の約9割を県が負担します。

申請者の負担額は以下のとおりです。

延べ床面積280平方メートル以下の場合

  • 設計図書がある場合:2千円
  • 設計図書がない場合:4千円

延べ床面積280平方メートルを超える場合

  • 設計図書がある場合:3千円
  • 設計図書がない場合:6千円

対象となる住宅

次の要件を満たす住宅が補助の対象となります。

  • 木造の一戸建で、階数が2以下のもの。       
  • 昭和56年5月31日以前に着工して建てられたもの。
  • 在来軸組工法によるもの。

お申し込み受付場所等

診断のお申し込み窓口:社団法人富山県建築士事務所協会
電話番号:0764-42-1135

社団法人富山県建築士事務所協会

小矢部市木造住宅耐震改修支援事業

 この事業は、市民の皆さんが今お住まいの木造住宅について、耐震改修工事の費用の一部を補助する事業です。
 これまで、住宅全体が耐震基準を満たす改修工事を補助対象としていましたが、平成26年10月から、耐震性能が基準以上であれば、部分的な改修も補助対象とします。

補助負担額と負担の割合

補助金の額は、耐震改修工事に要する費用に3分の2を乗じて得た額とします。

  • 耐震改修工事に要する経費が90万円までは、補助金額=経費×3分の2
  • 耐震改修工事に要する経費が90万円を超えた場合は、補助金額は一律60万円

対象となる住宅

次の要件を満たす住宅が、補助の対象となります。

  • 木造の一戸建で、階数が2以下のもの。
  • 建築物の過半が昭和56年5月31日以前に着工して建てられたもの。   
  • 在来軸組工法によるもの、又は伝統工法によるもの。
     

助成の対象となる耐震補強工事

  • 耐震改修:建物全体(1階+2階)をIw値1.0以上に改修
  • 部分耐震改修:1階の主要居室(寝室・居間等)だけをIw値1.5以上に改修
  • 部分耐震改修:1階(全体)だけをIw値1.0以上に改修

Iw値:木造建築物の耐震性能を評価する数値(1.0以上:倒壊の危険性が低い)

お申し込み受付場所及び機関

補助申請の窓口は、小矢部市産業建設部都市計画課です。  

耐震診断・改修パンフレット

部分的な改修への支援について(PDF:199.1KB)

耐震診断・改修パンフレット(PDF:4.5MB)

お問い合わせ
産業建設部 都市計画課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-1452
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。