こども医療費助成の現物給付拡大のお知らせ

平成29年4月1日より、福祉医療費請求書(ピンクの紙)を使用できる医療機関及び薬局の区域が拡大されます。

iryou-kodomo

 福祉医療費請求書(ピンクの紙)が使用できる区域

  平成29年3月31日まで 平成29年4月1日から
0歳 富山県内 富山県内
1歳~中学3年生 小矢部市内+市が契約した医療機関(砺波総合病院、砺波医療圏急患センター、厚生連高岡病院、高岡市民病院及び済生会高岡病院) 小矢部市内
高岡市内
氷見市内
砺波市内
南砺市内
射水市内

●平成29年3月31日以前に発行した福祉医療費請求書(ピンクの紙)でも高岡市、氷見市、砺波市、南砺市及び射水市の医療機関及び薬局で使用することができます。

●独立行政法人日本スポーツ振興センターの「災害共済給付制度(スポーツ保険)」を利用される場合は、福祉医療費の助成対象外となります。

●福祉医療費請求書(ピンクの紙)を使用しないで受診した場合は、医療機関でいったん医療費の自己負担額を支払い、その後で市に償還払いの請求をしてください。

こども医療費助成制度について

お問い合わせ
民生部 こども課
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島15番地
電話番号:0766-67-8603
ファックス:0766-67-8602
お問い合わせはこちらから