風しんの感染に気をつけてください

 風しんが関西・関東地方を中心に流行しています。今年度に入り、大阪・東京を中心に新規患者の報告数が多く、過去5年で最多であった昨年1年間の倍以上になっています。
 今回の流行では、患者の7割以上が男性で特に免疫のない20歳〜40歳代に多いと報告されています。
 これは、風しんの予防接種が、昭和54年4月1日生までの中学女子に限られていたことが影響していることもあり、妊娠適齢期の女性に限らず、男性も注意し、感染予防に努めてください。

風しんとは

 風しんは、咳やくしゃみなどから感染し、主な症状は発疹や発熱です。
潜伏期間は2~3週間です。発疹も熱も約3日で治るので「三日ばしか」とも呼ばれています。
 特に、妊娠初期に感染すると、胎児にも感染して先天性の心疾患や難聴・白内障などを引き起こす危険性があります。

風疹の感染予防

  1. 外出後の手洗い、うがい、咳エチケットなどに気をつけましょう。
  2. 急な全身性の発疹や発熱などの症状が現れたら、早めにかかりつけ医などに受診しましょう。
  3. 受診の際には、マスクを着用する、咳エチケットを守るなど、感染を広げないよう注意してください。
  4. 予防接種も効果的な予防策です。

「麻しん・風しん」定期予防接種の対象者は早めに医療機関で接種しましょう

第1期

1歳

第2期

小学校就学前の1年間(いわゆる年長児の間)

第3期(対象:中学1年生)第4期(高校3年生)は、平成25年3月31日をもって、定期接種が終了しました。

 妊婦を守る観点から

  1. 妊婦の夫、子ども及びその他の同居家族などの、妊婦の周囲の方
  2. 10代後半から40代の女性(特に、妊娠希望者又は妊娠する可能性の高い方)
  3. 産褥早期の女性

 のうち、抗体価が十分であると確認できた方以外の方は任意での予防接種を受けることをご検討ください。

参考リンク

厚生労働省ホームページ「風しんについて」

「風しんの予防対策の徹底をお願いします。(風しん抗体検査事業について)」(富山県)

麻しん(はしか)・風しん予防接種

生まれてくる赤ちゃんのために「風しんワクチン」(PDF:952.6KB)

お問い合わせ
民生部 健康福祉課
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島15番地
電話番号:0766-67-8605/0766-67-8606
ファックス:0766-67-8602
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。