水痘(みずぼうそう)

病気の説明

 水痘は、水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時に見られる急性の感染症で、直接接触、飛沫あるいは空気感染によって広がります。感染力が強いため、一人がかかると、家族や周りの人たちに広がってしまうことがあります。 水痘の潜伏期は、通常2週間程度(10~21日)です。特徴的な発疹が主な症状で、かゆみを伴います。発熱を伴うこともあります。通常、1週間程度で自然に治癒しますが、まれに重症化し入院する場合もあります。

接種時期と回数

 満1歳以上3歳の誕生日の前日まで3か月以上あけて2回接種。

 標準的には、1歳から1歳3か月の間に初回接種終了後、6か月~12か月の間隔をあけて2回目を接種する。

 ※すでに水痘にかかった方は、対象外となります。

接種場所

 協力医療機関で接種となります。(個別接種)

 詳しくは、下記のリンクページのPDFファイルをご覧ください。

予防接種を実施している協力医療機関

お問い合わせ
民生部 健康福祉課
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島15番地
電話番号:0766-67-8605/0766-67-8606
ファックス:0766-67-8602
お問い合わせはこちらから