4種混合ワクチン(DPT-IPV:ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)

4種混合予防接種のお知らせ

  • 平成24年11月1日より、4種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・不活化ポリオ)が導入されました。
  • 4種混合ワクチンは、平成24年7月27日に承認されたワクチンで、百日せきの不活化ワクチン(細菌やウイルスを殺し病原性をなくしたもの)、ジフテリア・破傷風のトキソイド(細菌の産出する毒素を取り出し、免疫を作る能力は失わずに無毒化したもの)および不活化ポリオワクチンの混合ワクチンです。

厚生労働省 不活化ポリオワクチンの接種を受けましょう。

厚生労働省 どうすればいいの?ポリオワクチン

厚生労働省 ポリオとポリオワクチンの基礎知識

病気の説明

ジフテリア

 ジフテリア菌の飛沫感染で起こります。1981年に三種混合ワクチンが導入され、現在では患者発生数は年間0〜1名程度です。しかし、ジフテリアは感染しても10%程度の人に症状が出るだけで、残りの人は症状が出ない保菌者となり、その人を通じて感染することもあります。
 感染は主にのどに起こりますが、鼻にも感染します。
 症状は、高熱・のどの痛み・犬吠様のせき・嘔吐などで、偽膜と呼ばれる膜ができて窒息死することもあります。発病2〜3週間後には菌の出す毒素によって心筋障害や神経麻痺を起こすことがあるため注意が必要です。

百日せき

 百日せき菌の飛沫感染によって起こります。
 1948年から百日せきワクチンの予防接種が始まってから、患者数は減ってきています。
 百日せきは、普通の風邪のような症状で始まります。続いてせきがひどくなり、顔を真っ赤にして連続的に咳き込むようになります。せきの後に急に息を吸い込むので、笛を吹くような音が出ます。熱は通常出ません。
 乳幼児は咳で呼吸できず、くちびるが青くなったり(チアノーゼ)けいれんが起こることがあります。肺炎や脳症などの重い合併症を起こします。乳児では命を落とすこともあります。

破傷風

 破傷風菌はヒトからヒトへ感染するのではなく、土の中にいる破傷風菌が傷口からヒトの体内へ入ることによって感染します。菌が体内の中で増えると、菌の出す毒素のために、口が開かなくなったり、けいれんを起こしたり、死亡することもあります。
 お母さんが抵抗力(免疫)を持っていれば、出産時に新生児が破傷風にかかるのを防ぐことが出来ます。

ポリオ

 ポリオは「小児マヒ」と呼ばれ、手や足の麻痺があらわれる感染症です。ポリオウイルスが口の中に入って腸の中で増えることで感染します。増えたポリオウイルスは便の中に排出され、この便を介してさらにほかの人へと感染していきます。ポリオウイルスに感染しても、多くの場合、病気としての明らかな症状はあらわれずに、知らない間に免疫ができます。
 しかし、腸管に入ったウイルスが脊髄の一部に入り込み、主に手や足に麻痺があらわれ、その麻痺が一生残ってしまうことがあります。

接種場所

 協力医療機関で接種となります。(個別接種)
詳しくは、下記リンクページのPDFファイルをご覧ください。

予防接種を実施している協力医療機関

接種回数・間隔について

1期初回接種

 標準的な接種期間:生後3か月以上12か月に達するまでの期間
 20日〜56日までの間隔をおいて3回接種

1期追加接種

 標準的な接種時期:初回接種後12か月〜18か月に達するまでの期間
 初回接種後6か月以上の間隔をおいて1回接種

(画像)4種混合ワクチン接種回数感覚

 確実に抵抗力(免疫)をつくるためには、決められた時期に接種を受けることが大切です。ただし、間隔があいてしまった場合は、健康福祉課までご相談ください。
 1.生ポリオワクチン、2.不活化ポリオワクチン、3.3種混合ワクチンのいずれか1回以上接種した人は、4種混合ではなく、最初に接種した3種混合ワクチン・不活化ポリオワクチンの接種が必要な場合があります。詳しくは健康福祉課にご相談ください。

2期(二種混合)

小学校6年生の時にDT(ジフテリア、破傷風)ワクチンを1回

お問い合わせ
民生部 健康福祉課
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島15番地
電話番号:0766-67-8605/0766-67-8606
ファックス:0766-67-8602
お問い合わせはこちらから