農業者年金制度

農業者年金制度とは

 農業者年金制度は農業者の老後生活の安定と福祉の向上に加え、農業の担い手を確保するという目的をあわせ持つ政策年金です。

農業に従事する方は広く加入できます

 国民年金の第1号被保険者で年間60日以上農業に従事する60歳未満の方は誰でも加入できます。脱退も自由です。脱退したとしても、それまでに支払った保険料に応じた年金を受け取ることができます。

安定した年金の財政運営ができます

 将来の年金受給に必要な原資をあらかじめ自分で積み立て、運用実情により受給額が決まる確定拠出型年金であるため、安定した年金の財政運営ができます。運用利回りの状況等に応じて保険料が引き上げられることはありません。

保険料は自由に選択できます

 毎月の保険料は20,000円から67,000円まで1,000円単位で自由に選択できます。農業経営の状況や老後設計などに応じて、いつでも見直すことができます。

80歳までの保証が付いた終身保険です

 年金は終身受給できますが、仮に、加入者や受給者が80歳になる前になくなった場合には、死亡した日の翌月から80歳までに受け取るはずの農業者老齢年金の現在価値に相当する額を、死亡一時金として遺族が受け取ることができます。

税制面でのメリットがあります

 保険料は全額(年額最高80万4千円)社会保険料控除(所得控除)の対象になります。
 年金は、公的年金等控除の対象です。

お問い合わせ
農業委員会事務局
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-5009
お問い合わせはこちらから