よくある質問(競争入札参加資格審査申請)について

申請様式は市の様式を使用しなければならないのか。

 競争入札参加資格審査申請書(様式1)(コンサルにおいては、業態調書及び経営規模等総括表を含む)については、市の様式を使用してください。工事経歴書、営業所一覧等については、国、県等の類似様式を使用していただいても構いません。

 

解体工事を登録希望したいのですが、平成28年6月1日以前の経営事項審査しか受審していませんが、どのようにすればよいですか。

 解体工事の入札参加資格申請にあたっては、同工事の経営事項審査を受けていることが必要とします。(現行の他業種と同様の取扱とします。)ただし、法改正の経過措置期間中(平成31年5月31日まで)は、「とび・土工・コンクリート工事」の入札参加資格があれば、「解体工事」の入札参加資格がなくても、解体工事の入札に参加することを可能とします。詳細については、下記の取扱いを参照してください。

建設工事入札参加資格における解体工事新設に伴う取扱について (PDF:49.4KB)

 

納税(完納)証明書はどのくらい前のものまで有効でしょうか。

 納税(完納)証明書については、申請日から3か月以内のもので提出してください。

 

郵送で申請書を送付した場合、受領書をいただきたいのですが

 申請書とともに、宛名記入及び切手を貼った返信用封筒等を同封いただければ、受領書を返信いたします。

 

 

 

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。