三世代同居推進リフォーム助成金

 小矢部市では、子どもを産み育てやすい環境づくりや高齢者の孤立防止に寄与するとともに、定住人口の増加を図るため、小矢部市における三世代同居を推進し、既存住宅のリフォーム工事を行う方にその費用の一部を助成します。

助成対象となる「住宅」とは

下記の全ての要件に該当するもの

  1. 市内に現存する、専ら居住の用に供する住宅
  2. 現在又は過去に人の使用に供されたことがあるもの
  3. 一戸建て住宅
  4. 所有者が居住する(又は実績報告書の提出時までに同居予定の)住宅

申請することのできる方

以下の要件の全てに該当する方

  1. 対象住宅に居住し、同住宅に住民登録のある方(実績報告書の提出時までに登録を行う予定の方も含む。)
  2. リフォーム工事の契約者
  3. 過去にこの助成金の交付を受けていない方

助成金の額

対象経費の10%(1,000円未満切捨/上限10万円)

注:市内事業者が施工する50万円以上の工事に限ります。

助成金の交付条件

以下の要件の全てを満たすこと

  1. 「親と子と孫」を基本とする三世代以上の直系親族が同居し、同一世帯であること(実績報告書の提出時までに同居予定のものも含む。)
  2. 世帯員全員が市税等の滞納をしていないこと。(交付日以後3年以内に滞納となる場合は、助成金の返還が必要となります。)
  3. 市内業者が施行する、対象経費50万円以上の工事であること(世帯員が事業主として工事をするものは含まない。)
  4. 申請者及び対象住宅のいずれもが、過去にこの助成金の交付を受けていないこと(助成金の交付を受けることができるのは「人」・「住宅」ともに一度のみとなります。)
  5. 世帯員のいずれかが所有する住宅であること(共有名義の場合も含む。)
  6. 交付決定を受けた後に対象工事に着工するものであって、申請年度の末日までに実績報告書を提出できること

対象となるリフォーム工事

以下の要件を全て満たすこと

  1. 住宅の建物本体の居住部分に対して行う工事(増改築及び修繕、模様替)
  2. 市内業者(支店又は営業所含む。)が施行する、対象経費50万円以上の工事
  3. 建築基準法、その他関係法令に適合する工事

詳細な事例については、申請の手引をご確認ください。

申請の時期と、申請に必要な書類

リフォーム工事に着工する前に、次の書類を添えて申請をしてください。

  1. 申請書(様式第1号)
  2. 世帯全員の完納証明書(又は前年度納税証明書又は前年度非課税証明書)
  3. 対象住宅の登記事項証明書
  4. 工事見積書(対象経費か否かを確認できる、積算内容が分かるもの)
  5. 工事内容が分かる間取り図、位置図など
  6. 工事実施前の日付け入りの現場写真(住宅の全景と個別工事予定箇所)

その他にも、審査に必要な書類の提出を求める場合があります。

各種書類のダウンロード

【申請の手引き】三世代同居推進リフォーム助成(PDF:214.1KB)

様式1号三世代同居推進リフォーム助成金交付申請書(WORD:113.5KB)

様式例(見積内訳、写真台帳)(EXCEL:34KB)

申請場所・問合せ先

〒932-8611 小矢部市本町1-1小矢部市役所2階
企画政策課
電話番号 0766-67-1760(内線253) ファックス 0766-68-2171

お問い合わせ
企画政策部 企画政策課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-68-2171
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。