統一的な基準による財務書類の公表について

 小矢部市では、総務省より新たに通知された「統一的な基準による地方公会計の整備促進について(平成27年1月23日)」に基づき、全国の市町村等に対して平成29年度までに「統一的な基準による地方公会計マニュアル」に沿った財務書類の作成が要請されたことから、平成27年度から固定資産台帳の整備及び複式簿記の導入に取り組み、平成28年度決算から統一的な基準による財務書類を作成しました。これにより、公共施設等のマネジメントに活用可能となり、統一的な基準による財務書類等によって団体間での比較分析が可能となります。

 作成した財務諸表は、貸借対照表・行政コスト計算書・純資産変動計算書・資金収支計算書の4表で構成されます。

貸借対照表

 住民サービスを提供するために保有している財産(資産)と、その資産をどのような財源(負債・純資産)で賄ってきたかを総括的に対照表示した財務諸表であり、資産合計と負債・純資産合計が一致し、左右がバランスがとれている表であることから「バランスシート」とも呼ばれています。

行政コスト計算書

 1年間の行政活動のうち、福祉給付やごみの収集といった資産形成に結びつかない行政サービスに係る経費と、その行政サービスの対価として得られた収入金等の財源を対比させた財務諸表です。

純資産変動計算書

 貸借対照表内の「純資産の部」に計上されている各数値が1年間でどのように変動したかを表している財務諸表です。

資金収支計算書

 歳計現金(資金)の出入りの情報を、性質の異なる3つの区分(「経常的収支の部」、「公共資産整備収支の部」、「投資・財務的収支の部」)ごとに分けて表示した財務諸表です。

公表資料