屋外広告物の安全管理について

 平成27年2月15日、北海道札幌市内において、ビルの外壁に緊結された看板の一部が落下し、歩行者に当たり負傷する事故が発生しました。屋外広告物は老朽化によって、サビによる腐食・緩み・亀裂などが発生している可能性があります。また、大型台風、ゲリラ豪雨、大雪などの昨今の異常気象や地震などによる影響も懸念されます。

 屋外広告物による事故防止のため、屋外広告物表示者・設置者及び管理者の皆様には、日々の安全確認や設置部分の不具合(ねじ・ボルト等の緩みやサビの発生状況等)がないか定期的に安全点検の実施をお願いします。また、倒壊、落下等のおそれがあるものは、速やかに撤去・改修等の適切な措置を講じるようお願いします。

屋外広告物の安全管理について(PDF:219.5KB)

日ごろから注意点検をしましょう。

 屋外広告物の維持保全を適正に実施することで、思わぬ事故や、災害時の被害を軽減したり、屋外広告物の寿命を長くすることにつながります。

 富山県では、屋外広告物条例第14条に屋外広告物の管理義務について規定しています。必要な管理を怠ると、年月の経過等に伴って良好な景観の形成や落下等の安全性の観点から有害なものになることから、必要な管理を行う義務を課しています。また管理者は、広告物について良好な状態を保持しなければなりません。

 日ごろから点検を行い、屋外広告物の維持保全に努めましょう。

オーナーさんのための看板の安全管理ガイドブック(PDF:1.2MB)

富山県屋外広告物条例

富山県屋外広告物条例(PDF:320.8KB)

お問い合わせ
産業建設部 都市建設課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-1452
お問い合わせはこちらから

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。