こども医療費助成制度について

 小矢部市に住所のあるお子様が、病気やけがで医療機関を受診した場合の医療費の自己負担分を市が助成する制度です。
 助成の対象となるのは、中学3年生(15歳に達する日以後の最初の3月31日まで)までは通院費及び入院費、高校生等(18歳に達する日以後の最初の3月31日まで)は入院費です※。

※平成30年10月診療分から入院費助成の対象年齢が拡大になりました。

各申請手続きについて

出生時または転入時の手続き

保険証や住所が変わったときは

対象年齢拡大に伴う手続き

現物給付による助成方法

病院窓口に必要なもの

  • 受給資格証(ピンクのカード)
  • お子様の健康保険証

 

受給資格証(ピンクのカード)が使用できる区域

  平成29年3月31日まで 平成31年4月1日から
0歳 富山県内 富山県内
1歳~高校生等 小矢部市内+市が契約した医療機関(砺波総合病院、砺波医療圏急患センター、厚生連高岡病院、高岡市民病院及び済生会高岡病院)

小矢部市内,呉西地区の医療機関(高岡市内、氷見市内、砺波市内、南砺市内、射水市内)、富山大学附属病院、富山県立中央病院、富山県リハビリテーション病院・こども支援センター
 

 

 

償還払いによる助成方法

現物給付が利用できない場所で受診された場合、各種事情により受給資格証等を提示できなかった場合は、医療機関でいったんお支払ください。後日その支払った領収書をもとに、市へ償還払いの申請をしてください。申請月の翌月以降に指定の振込先に還付いたします。

 申請に必要なもの

  • 受給資格証(ピンクのカード)
  • 領収書(お子様の氏名、保険診療点数、診療日、領収額、医療機関名、領収印が明記してあるもの。レシートではお受付できません。)
  • お子様の健康保険証
  • 印章(認印でも可)

 申請窓口

  • こども課(総合保健福祉センター 1階)
  • 市民課(小矢部市役所 1階)
  • 津沢コミュニティプラザ

 注意事項

申請をされる場合は、受診月の分を1ヶ月分、まとめてお持ちください。
申請は、受診された月の翌月以降、できるだけ1年以内にお願いします。

治療用の装具(弱視用眼鏡など)を購入したら

助成対象外の費用について

  • 食事療養費や選定療養費
  • 健康保険が適用にならないもの(健康診査、予防接種、診断書料、薬の容器代、入院時のお部屋代等)
  • 日本スポーツ振興センターの「災害共済制度」を利用される場合の給付の対象となる医療費など
お問い合わせ
民生部 こども課
〒932-0821 富山県小矢部市鷲島15番地
電話番号:0766-67-8603
ファックス:0766-67-8602
お問い合わせはこちらから

PCサイトを表示