よくある質問(軽自動車税)

Q1 廃車したのに納税通知書が届きました。納めなければならないの?

A1 軽自動車税は、毎年4月1日に所有している人に1年度分の税金が課税されます。
4月2日以降に廃車したのであれば、今年度はあなたが納める必要があります。

Q2 軽自動車税は納付しましたが、8月に廃車にしました。税金は戻りますか?

A2 軽自動車税は年税ですので、年度の途中で廃車にしたとしても月割りでの税金の還付はありません。 

Q3 もう使用していない(乗れない)車輌にも税金がかかるの?

A3 軽自動車税は、軽自動車を所有していることに対して課税される税金で、毎年4月1日現在で登録されている方に課税されます。使用不能で置き放しになっているような場合でも、廃車手続をしないと軽自動車税は課税され続けますので注意してください。

Q4 軽自動車や小型自動車はどこで手続きするの?

A4 軽自動車については、富山市の軽自動車検査協会富山事務所で、小型自動車や雪上車は、富山市の北陸信越運輸局富山運輸支局で登録・廃車等の手続きができます。

Q5 原動機付自転車のナンバーをなくしたり、折れてしまった場合はどうするの?

A5 ナンバープレートをなくしたり、折れてしまった場合は、速やかに再交付の申請をしてください。

紛失した場合

警察署と、税務課の両方への届出が必要です。
1所有者の印鑑 2窓口に来られる方の本人確認のできるものを持って市役所税務課または津沢コミュニティープラザへお越しください。

  • 警察署へ届け出た際の「受理番号」「届出警察署名」「届出日」も控えてきてください。

折れてしまった場合

1折れたナンバープレート 2所有者の印鑑 3窓口に来られる方の本人確認のできるものを持って市役所税務課または津沢コミュニティープラザへお越し下さい。

  • 盗難・紛失の場合は、ナンバープレートが悪用される恐れがありますので、必ず警察署へ届出をおこなってください。 

Q6 賠責保険は入らなければならないの?

A6 万一の交通事故の際の、基本的な対人賠償を目的として、原動機付自転車を含む全ての自動車の保有者に、法律で加入が義務づけられています。
また、フォークリフトなどの小型特殊自動車(農耕作業用を除く)についても、道路を一度でも走行する場合には、加入が必要です。

自賠責保険に加入しないで運転すると

1年以下の懲役又は50万円以下の罰金。(自賠法第86条の3)
さらに、違反点数は6点となり、ただちに免許停止処分となります。(道路交通法第103条、第108条の33)

お問い合わせ
総務部 税務課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-5520
お問い合わせはこちらから