ごみに関するよくある質問

Q:いらなくなった布団、カーペットはどうすればよいですか?

A:民間の処分業者に依頼する方法と市の環境センターに持ち込む方法がありま
    す。
    市環境センターに持ち込む際には、持込手数料が10キログラムにつき70円かかります。

環境センター

 矢水町678−2
 営業時間 月曜日〜金曜日:午前9〜午後4時、土曜日:午前9〜午後5時

環境センターお問い合わせ

 市生活協働課……電話番号0766-67-1760

Q:段ボール、新聞、チラシ、雑誌はどうすればいいの?

 A:段ボール、新聞、チラシ、雑誌はごみではなく、リサイクルすべき資源です。
     地区の婦人会等の団体で行っている資源回収(集団回収)に積極的に出しま
     しょう。
     民間の故紙回収業者に持ち込むこともできます。

参考

 加越商事株式会社故紙センター(矢水町678、電話番号0766-61-4526
でも無料で引き取ってもらえます。

Q:どうして生ごみが問題になるのですか?

A:家庭からでる燃えるごみの約20%(重量比)が生ごみで、その生ごみの約80%が
    水分という分析結果がでています。
    『水分』は重量もかさみ、焼却処理の燃焼効率も低下させていまいます。
    生ごみの減量化は焼却処理量・費用の削減、地球温暖化の抑制にも効果があり
    ます。
    生ごみを出す際に『しぼる』だけでも大きな効果があります。


小矢部市では各種生ごみ処理器の購入に助成をしています。
詳しくはこちらをクリック

小矢部市各種生ごみ処理器設置補助金

Q:庭木の剪定枝の処分はどうすればよいのですか?

 A:少量(3袋以内)の直径10センチメートル、長さは50センチメートル以内の木く
    ず・木の葉であれば、 地区の可燃ごみの収集に出すことができます。
  
     一度に3袋超える場合は、直径20センチメートル、長さ1.5メートル以内で束ね、市
     環境センター へ持込んでください。剪定枝は細かいチップ状に破砕し、堆肥化処
     理し、リサイクルされるため不純物は入れないでください。
     持込手数料は10キログラムにつき70円です。

     木の株は専門の処分業者へ依頼してください。
     造園業者等の持込はできません。 

Q:人口肛門(ストマ)はどのように処分すればよいのでしょうか?

 A:紙おむつと同様に汚物はトイレに流し、新聞等にくるんで、可燃ごみの収集に
      出してください。

Q:機密文書を廃棄する際にはどのようにすればよいでしょうか?

 A:市の一般収集では機密情報を保証することはできません。

     シュレッダー等で細かくして可燃ごみに出すか、専門の処理業者に依頼してく
     ださい。

Q:使用済パソコンはどうやって処分すればいいのですか?

 処分方法は主に2種類あります。

A1:市環境センターに持ち込みます。
       持込手数料は10キログラムにつき70円です。

A2:回収義務者である事業者等(製造・販売メーカー、輸入・販売業者など)の自
       社製品の 回収・再資源化事業に回収の申し込みを行います。
       回収義務者が存在しない使用済パソコンについては、パソコン3R推進協会
       に回収の込みを行います。
   詳しい手続き、料金等については、各種メーカーに問合せいただくか、下記ホームページを参照ください。

一般社団法人パソコン3R推進協会ホームページ

お問い合わせ
民生部 生活協働課
〒932-8611 富山県小矢部市本町1番1号
電話番号:0766-67-1760
ファックス:0766-67-2033
お問い合わせはこちらから